2021年情報!宮城県阿武隈川河口を攻略!シーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイなど

ポイント攻略

今回は宮城県亘理町の阿武隈川河口付近について書いていきます!

阿武隈川は福島から宮城県南部にかけて流れています

宮城県では言わずと知れた有名ポイントでハイシーズンには河口一帯に釣り人が溢れています。

その中でもこの場所に足しげく通っている私がオススメポイントと

そこで使えるルアーを紹介します!

ただ河口付近ということもあり、毎年ごと、毎季節ごとに地形変化が大きいです。

今回紹介するポイントも今後も練らし続けられるかは不明なので悪しからず。

もし何か変化があったらまた記事にします!

狙える魚種としてはシーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイです。

外道でカワガレイ、ダツ、ウグイなども釣れます。

スポンサーリンク

オススメポイント①運河水門前

ひとつめのポイントは河口北側にある運河の水門付近です。

両岸のちょうど中央付近(画像の赤枠部分)にブレイクになっているポイントがあり

底物が溜まっていることが多くなっています。

私は画像下側の岬みたいになっている部分から狙っていますが

対岸の水門周りからもルアーを投げている人が多く見られます。

狙い方・注意点など

このポイントは大潮の日などは特に流れがキツくなっているので

重めのルアーを使うことをオススメします。

飛距離としては50~70mくらい必要になるかなと思います。

20~30gくらいのメタルジグを小さいリフト&フォールで誘うことが多いです。

この辺のメタルジグであればフォールスピード・飛距離が両立して

いい感じに狙えるのではないでしょうか。

河口部ワンド

ふたつめのポイントは河口付近のワンドです。

ここはシーバスよりもフラットが多いイメージです。

このワンドは水門前と比べると流れが弱くなっています。

水深は浅めになっています。

狙い方

微妙な地形変化が海底にあるので、そこを丁寧に探るといいかと思います。

飛距離もそこまで必要ではないので、軽めのワームなどもフワフワさせるイメージで誘っています。

このあたりのジグヘッドワームを私は多用しています。

地形変化を感じながらゆっくり巻いてくるようにしています。

亘理大橋

ここはよく夜にシーバス狙いで行っています。

個人的には橋の西側の方が高活性のときが多いかなと思っています。

東側も足場が良くて釣りはしやすいです。

狙い方

夜になると橋の街頭がいい感じで明暗を作っているので

そこを沿うようにルアーを通してみたり

活性が高ければトップでも食ってくることがあります。

足元の根がかりが少し気になるので沈めすぎは注意しましょう。

少し遠投して底を狙うとマゴチが爆釣することもあります。

ベイトがイナッコの時にはこの辺の王道ルアーはよく釣れます。

七北田川攻略
鳴瀬川攻略

コメント

タイトルとURLをコピーしました